神奈川県平塚市・手作り石けん教室の自宅サロン

神奈川県平塚市にある手づくり石けん教室の自宅サロン アロア

初級クラス(全5回)

 
石鹸作りの基本が分かる初級クラスのご案内です。

・最初からきちんと学んでみたい
・本を見ても分からないことがある
・一人で作ってきたけどこのやり方で合っているの?

そんなあなたのために、石鹸作りの基本となる

・混ぜ方
・型入れの見極め方
・保温の仕方
・型出しのタイミング

などの、季節によって微妙に変わる作り方のコツ。

本にはあまり書いていない

・石鹸が出来る仕組み
・色材や香りの選び方と注意点
・石鹸の酸化を防ぐには
・市販の無添加石鹸との違い


など、石鹸を安全に使うためのポイントも分かります。


ご参加いただいた生徒さんの感想


・初級クラスについてのご感想をお聞かせ下さい。

各講義では、分からなかった事など、後日いろいろ質問させていただき、その都度分かりやすく教えていただきました。
全般的に分かりやすかったと思います。


・レッスンに参加する前は「ここが不安だった・心配だった」けど、参加したら「こんな風に出来た・分かった」など、レッスンに参加する前と後の気持ちをお聞かせ下さい。

Mさんと二人で参加だった為、特に不安もなく、楽しくお勉強出来ました。

・「ここがイマイチだった」と言う点や、講師へのご希望・ご要望がございましたら、お聞かせ下さい。

レジメがその度出てきますが、冊子風にしていただき、まとめていただくと使いやすかったと思います。

(小田原市 Tさん)

・初級クラスについてのご感想をお聞かせ下さい。

講義は分かりやすいです。
毎回テーマが当日に分かるので、どうして何の勉強をするのか、最初に分かっていてもいいかも知れません。
帰宅して読み返した時、時間が経っていると、分からなかったり、忘れていたりします。


・レッスンに参加する前は「ここが不安だった・心配だった」けど、参加したら「こんな風に出来た・分かった」など、レッスンに参加する前と後の気持ちをお聞かせ下さい。

(参加前)
苛性ソーダが怖かったけど、安心して作ることが出来た。
  ↓
(参加後)
ここで作ると作りやすいが、全部自分でやるとなると、やっぱり大変だと思います。


・「ここがイマイチだった」と言う点や、講師へのご希望・ご要望がございましたら、お聞かせ下さい。

先のメニューが知りたいです。

(平塚市 Mさん)

各テーマごとのお話しは、少しむずかしい部分もありますが、石鹸を安全に作るために必要な内容なので、ご理解いただけるまで丁寧にご説明しています。

ご希望・ご要望にも可能な限り、お応えしております。






初級クラスの石鹸作りは、あなたの肌に合う油の傾向を見つけるところから始めます。

油にはたくさんの種類がありますが、それぞれが石鹸になった時の特徴が違うんですね。

まずは、いろいろなタイプの石鹸を作って使って、その使用感の違いを感じていただきます。

何種類か作ってみると、「好きな石鹸」「イマイチな石鹸」が出て来ます。

でも、たま〜に「あんまり違いが分かりません。どの石鹸でも良く感じます」と言う方もいらっしゃいます。

そういう方は、使える油の選択肢が広いと言うことなので、それはそれで良いのです。^^




◆作る石鹸の内容(レシピ)について

毎回メインになる油を変え、数種類の油を組合せて作ります。

・メインとなる油
「しっとり系」か「さっぱり系」かという、使い心地を決める油です。

・メインを補助する油
メインの油にプラスすることで、使った時の使用感が上がります。
作成した石鹸を使った時の使用感をお聞きして、しっとり系かさっぱ
系かを決めます。

・硬さと泡立ちを出す油
硬さと泡立ちを出す油は、肌に対して良いはたらきをする訳ではありません。
が、入れないと泡立ちが弱く、溶け崩れしやすくなってしまうので、使い勝手を考えて配合しています。

これらの油を、あなた好みになるように、レシピを考えます。




レッスンでは毎回、作った石鹸を使った時の使用感

・洗い上がりの肌あたりはやさしかったのか
・泡立ちは良かったか
・硬さは柔らかすぎなかったのか

などを、簡単なレポートとして提出していただきます。


レポートを元にお話しをお聞きしながら、お一人おひとりに合うようにレシピをご提案いたします。

また、簡単に出来る模様を付けて、見た目にもカワイイ石鹸に仕上げます。^^

▲ページの先頭へ

レッスン詳細



1.マルセイユ石鹸


石鹸作りの王道と言われているマルセイユ石鹸を作ります。
マルセイユ石鹸とは、使う油のうち、72%がオリーブ油であるとされている、千年以上も前からフランスで作られている伝統的な石鹸です。

メインとなるオリーブ油は、しっとりした仕上がりになるので、一般的には乾燥肌向きとされています。
が、乾燥肌の人でも「オリーブ油」が多い石鹸が合わないという人が多いんですね。

体験ではオリーブ油少なめで作りましたので、マルセイユと使い比べることで、あなたの肌にオリーブ油が合うかを見ていきます。

トップに色付き石鹸をのせます。


【石鹸が出来る仕組みについて】

なぜ苛性ソーダという劇物を使って石鹸が出来るのかという、化学変化の「けん化」の仕組みについてお話しいたします。
すこ〜し化学的なお話しになりますが、図を使ってわかりやすくお伝えいたします。



2.キャノーラ石鹸

メイン油には、キャノーラ油を使います。
キャノーラ油はさっぱりした仕上がりになる油です。
酸化しやすい性質があるので、組合せる油と配合量に注意して作ります。

単色で作ります。


【色材の選び方】

石鹸は、色材を使って色を付けることも出来ます。
色材の選び方&注意点についてお話しいたします。



3.ラード石鹸

硬さを出すパーム油の代わりにラードを使います。
石鹸は植物油だけでなく、動物脂(牛脂・馬油など)でも作れるんですね。
たくさん入れすぎると肌あたりが重くなりますが、適量ならば肌に良い脂です。

二層模様で作ります。


【香りの選び方】

石鹸の香り付けには、アロマセラピーで使う「精油」を使います。
「精油」とは、植物の「花・茎・葉・根・種子」などから、身体やこころに良い成分を取り出した香りのあるオイルです。
石鹸に入れる量や注意点についてお話しいたします。



4.ひまわり石鹸

メイン油には、ひまわり(サンフラワー)油を使います。
しっとりした仕上がりになる油です。
オリーブ油が苦手な人にはオススメです。

ライン入り模様で作ります。



【香りの選び方】


石鹸の香り付けには、アロマセラピーで使う「精油」を使います。
「精油」とは、植物の「花・茎・葉・根・種子」などから、身体やこころに良い成分を取り出した香りのあるオイルです。
石鹸に入れる量や注意点についてお話しいたします。



5.米石鹸

メイン油には、米油を使います。
さっぱりした仕上がりになる油です。

マーブル模様で作ります。



【石鹸の酸化について】


石鹸の中には、5〜15%ほどの油が含まれているので、使う油によっては酸化する場合があります。

・酸化を防ぐ油の選び方
・酸化を遅らせる作り方

をお話しいたします。



▲ページの先頭へ

【ご自宅にて行っていただく作業】


使用する油の量は300gです。

完全に固まっていない状態でお持ち帰りいただき、



ご自宅にて

牛乳パックからの型出し
 ↓
カット
 ↓
1ヶ月乾燥
 ↓
使えるようになります

2cm幅にカットすると6個の石鹸になります。
カットの幅はお好みでどうぞ。^^





レッスン後には、

・石鹸作りの基本が分かります。
・手に入れやすい油で作るので、ご自宅でも作ることが出来ます。
・色や香りの注意点が分かるので、より安全に石鹸を作ることが出来ます。

持ち物


・前あてのあるエプロン
・炊事用ゴム手袋
・500mlサイズの牛乳(ジュース)のパック
 (上部の口を開け中を洗い乾燥させたもの)
・牛乳パックが包めるサイズのタオル
・牛乳パックが横にしても入る持ち帰り袋
・筆記用具

*精油をお持ちの方はご持参いただいても構いません。


料金


5,000円/1回(テキスト・材料代を含みます)

25,000円/5回

手作り石鹸のお土産付きです。^^



◆キャンセルについて

直前のキャンセルについては、キャンセル料をいただきます。
材料を準備していますので、ご了承下さい。


・2日前〜前日 レッスン料の 50%
・当日        〃  100%


当日のキャンセルは必ずお電話でお願いいたします。


お支払い


お支払いは、事前に銀行振込にてお願いいたします。


・1回毎のお振込

・一括前払い(プリベイドシステム)

どちらかをお選び下さい。

*香り付けに精油をご希望の場合は、実費にて500円をいただきます。



【プリベイド(一括前払い)支払いについて】


料金をプリベイド(一括前払い)にて、お得にお支払いいただくことも可能です。

●プリベイド3万円コース
3万円コースでは、32,000円分のレッスンを受けることができます。

●プリベイド5万円コース
5万円コースでは、55,000円分のレッスンを受けることができます。

お申込み


お申込みは、ご予約状況表をご覧いただき、ご希望日の1週間前までにお願いいたします。

>>パソコンの方はこちらからどうぞ


>>携帯の方はこちらからどうぞ


▲ページの先頭へ

手づくり石けん教室

インフォメーション